トップページ

塾選びを間違うと、成績が落ちることもあります!

子供を塾に入れたのに、なかなか成績が上がらない!

塾に行けば、子供の成績は当然上がるものと思っていたのに、ちっとも成績が良くならない。

このようなことは、実は少しも珍しくありません。

塾に通っているのに、なぜ成績が上がらないのでしょうか?

その答えは、その塾が子供に合っていないからです。

子供の学力は、現在の学力から段階的に上げていくしかありません。

いきなり難しいことを教えても、理解できないばかりか自信をなくし、消極的でやる気のない子共に育ってしまうこともあります。

大切なことは、子供の学力を見極め、そこから段階的に成績を上げていくことで、勉強って面白い!やればできる!という自信をつけさせることです。

そうすれば、自主的に勉強するようになり、学力も劇的に向上します。その結果、難関の高校や大学にも合格できるようになるのです。

ゲームに興味を持つのは、ゲームが面白いからです。

同じように、学校の成績を上げていくことは面白い、ということを知れば、時間を惜しんで勉強にも頑張るようになります。

まず、子供の現在の学力を知ることから始めましょう

子供の現在の学力を知る方法は?

いろいろご意見はあると思いますが、子供の学力を知るには学校の成績を目安に判断するのがよいと思います。これは、あくまでも目安です。

さらに、塾にも通わせることが、子供の性格に合っているかどうかを判断することも大切です。

それでは、次に、学校の成績から判断してどのような塾が合っているかについて述べますので、ご検討の参考にしてください。

主要な学科の成績が2以下が多い場合、個別の学習塾がおすすめです。

主要な学科とは、算数や国語や理科や社会です。体育や音楽などの成績が飛び抜けて良い場合、それらの特性を生かしてやってください。

でも、高校や大学の受験は、体育や音楽のみで受験できる訳ではありませんから、高学歴を狙うなら、やはり主要な学科の成績にこだわるしかありません。

そこで、主要な学科の成績が2以下が多い場合、個別塾又は家庭教師がおすすめです。その理由は、集団塾だとついていけず、自信を失ったり、勉強がますます嫌いになる恐れもあるからです。

主要な学科の成績が2以下が多いというのは、学校の授業がほとんどわかっていないからです。この場合、個別塾に入るか、家庭教師を頼んで基本的な内容から段階的に教えてもらうことが大切になります。

ただし、家庭教師の場合、予算が心配という方は、個別指導の学習塾を選択し、学力が上がれば、集団の学習塾に変えていくのが良いと思います。

主要な学科の成績が2~3又は4が多い場合、集団塾がおすすめです。

このようなレベルの場合、学習する習慣がついていない、又は学習の方法が身についていないことが多いのです。

そのため、塾に定期的に通うことによって、学習の習慣を身に着けることが大切です。

学習の習慣を身に着けることは、実はとても大切です。

また、塾に通うことによって、同レベル、又はそれ以上のレベルの子供たちから刺激を受けることになり、自分の殻を突破することにもなります。

その結果、学習の習慣をつけるだけで、成績は驚くほど上がることでしょう。

主要な学科の成績が3又は4以上の場合は、レベルの高い塾や予備校がおすすめです。

主要な学科の成績が3又は4以上というのは、成績が真ん中以上ということになります。

このような子供の場合、勉強の習慣もある程度ついていますし、おそらく自主的に勉強する習慣もついていると思いますので、そこから成績を上げるのは、実はなかなか難しいと言えます。

ですので、このレベルの場合、塾の選び方には、特に気を付けましょう。塾で同レベルの子供たちと一緒になると、逆に成績が下がってしまう恐れもあるからです。

また、子供のどのレベルまで頑張ってほしいのか、という親の要望も関係するかと思いますが、そこから成績を上げるためには、もう一段階上のレベルの子供と一緒に学習する必要があります。

そのため、有名な塾や予備校に通わすことも価値的な選択になると思います。

周りのレベルが高くなると、自分もそのレベルに引っ張られて頑張るからです。

そこでおすすめなのは、河合塾や東進ハイスクールなどの超有名予備校となります。そこに通っている生徒はかなりレベルが高いので、刺激をもらうことができ、競争心も湧きます。

その結果、もう一段階上のレベルに上がることも可能となります。

しかし、有名予備校はお金がかかるというのも事実です。

有名予備校の授業を毎月1万円で受ける方法があるんです!

トピックス

  • ○○○○
  • ○○○○
このエントリーをはてなブックマークに追加